営業の秘訣 [相続税専門 渋谷区 税理士法人ファザーズ]

相続税専門 税理士法人ファザーズ代表社員の足立です。

とある会社の営業マンの方が来社して下さったので、営業の秘訣について質問してみたところ、「顧客のニーズを掴むことです」とのこと。

もっともです。

公認会計士・税理士のような資格業は、顧客のニーズを無視して、自分が提供したいサービスを押しつけがちです。

今の時代、そんなことをすれば顧客はあっという間にサイレント・クレーマー(何も言わずに離れて行ってしまい、むしろ営業上マイナスの影響をもたらす顧客)になるでしょう。

自分の拙い経験から言うと、それを防止する唯一の方法は、とにかくお客様(潜在顧客も含め)と話をすることだと思います。

とにかく話をして、ムダ話もして、会話の端々から相手のニーズを掴み取る。

考えてみれば、私の知り合いで仕事が上手く行っている資格業の人は、おしなべて会話好きです。「会話上手」というのとは違って、とにかく物怖じせずに誰とでも話せる、という人達です。

資格業は売る商品が明確なので、名刺一枚あれば営業が出来てしまう商売です。

重たいパンフレットを持ち歩く必要も無ければ、自分が何者なのかを説明する必要もありません。

この厳しいビジネスの世界で、こんなに幸運なことはないです。

この幸運を噛みしめて、全国の資格業の皆様、今日も営業を頑張りましょう!

相続税ご相談専門ダイヤル 通話料無料 0120-963-072
(受付:年中無休 朝9時~夜21時)
初回ご相談は無料ですのでお気軽にお問合せ下さい

相続税専門 税理士法人ファザーズ
http://souzokuzei.or.jp/
代表税理士 足立 仁
電話 03-3478-4100
FAX 03-6673-4831
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-21-1 原宿ヒルズ1F

珍しい名字の営業マン 【相続税専門 税理士法人ファザーズ】

珍しい名字の営業マンの方とお会いしました。

由来をお伺いしたところ、出身地に数十戸あるだけの非常に珍しい名字とのことなので、ブログに書くことは控えますが、イメージとしては「左右」さんみたいな感じの名字です。

営業マンという職業において、「珍しい名字」はそれだけでメリットがあると思います。

初めての訪問で、双方が話すキッカケが無い時でも、名刺交換で名前を見た相手が「珍しい名字ですね」と話題を振ってくれればしめたもの。そこから出身地等に話を広げていくことも可能でしょう。

名字に限らず、下の名前でもいいと思います。独立してからたくさんの営業マンとお会いしましたが、やはり名前がすぐに思い出せるのは、変わった名前(本人からすれば失礼な話でしょうが・・・)の方です。それで名前を思い出して電話をかけることも実際ありました。

最近、若い世代の親にキラキラネーム(自分の子どもに「光宙(ぴかちゅう)」とかの名前を付けること。「DQNネーム」とも)が流行していて、「キラキラネームは将来就職に不利だ」みたいな批判的な意見を良く見ます。「就職」にはどうか分かりませんが、ビジネスをやっていく上では決してデメリットばかりでは無いと思います。

相続税ご相談専門ダイヤル 通話料無料 0120-963-072
(受付:年中無休 朝9時~夜21時)
初回ご相談は無料ですのでお気軽にお問合せ下さい

相続税専門 税理士法人ファザーズ
http://souzokuzei.or.jp/
代表税理士 足立 仁
電話 03-3478-4100
FAX 03-6673-4831
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-21-1 原宿ヒルズ1F